So-net無料ブログ作成

お買い得商品が大集合!買うならやっぱり楽天市場

就活・仕事 ブログトップ

面接と自己紹介の基本 [就活・仕事]

会社の面接では自己紹介を求められることが少なくありません。
その場で考えることは難しいですから、事前に回答を作って練習しておくことが大切です。
自己紹介と自己PRの違いを明確にしておくことも大切です。
ただ、面接の場での自己紹介は少しPRを入れても問題になりません。
自己紹介の基本は学生生活や前職で自分がやってきたことを説明します。
それ以前のことは不要です。
家族構成や育った町、子どものころのことなどは面接に何の関係もありません。
自分の経験を入社したら役立てたいと言う熱意を伝えればいいでしょう。
もちろん、経験してきたことがすぐに業務に活かせるとは限りません。
しかし、強い気持ちを持っていることだけは伝えることが大切でしょう。
誰でも面接の場では緊張してしまいます。
練習はうまくできていても、頭が真っ白になってしまうこともあるのです。
そのような時でも事前に練習しておけば、ある程度言葉が出てきます。
練習が重要なのです。
面接の場で少し言葉に詰まったからと言って、それだけで落とされることはありません。
自己紹介の内容を考慮するほどの重要性はないと考えてください。
自己紹介をしてくださいと言われた時に、どのような発言をするかを見ているのです。
多少間違ったことを言ったとしても、はっきりとした言葉で話す人の印象がいいに決まっています。
インターネットで面接の受け方などを調べてみましょう。
多くの人が経験していることですから、たくさんの情報があります。




共通テーマ:仕事
就活・仕事 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。