So-net無料ブログ作成
検索選択

お買い得商品が大集合!買うならやっぱり楽天市場

懐中時計の選び方 [雑学]

初心者がいきなり高級な懐中時計を持つのももったいないですし、使用目的によってもおすすめのブランド、懐中時計のタイプは違ってきます。
どのようにして懐中時計を選べばいいのか、選び方を紹介していきます。
懐中時計を探している人の参考になればいいと思います。

まず懐中時計には、機械式、クォーツ式があります。
ゼンマイを手動で巻くという昔からの懐中時計の雰囲気を感じたい人には機械式がおすすめです。
ゼンマイを巻くのを忘れてしまいそうな人、手間だと感じる人にはクォーツ式がおすすめです。
クォーツ式の方が若干精度も高くなります。

実用品として懐中時計を探している人には、フタつきの懐中時計がおすすめです。
ポケット、鞄などに入れて持ち歩くときには、ガラス部分に傷がついてしまうといけないので、フタがついていたほうがいいと思います。
インテリアとして書斎に置くなど、機械式の懐中時計を目で見て楽しみたい人にはフタのないスケルトンタイプがおすすめです。

次に懐中時計の素材についてです。
シルバーを92.5%使ってある銀無垢の時計は高級な素材なので、贈り物、記念品としておすすめです。
しかしステンレスに比べてやわらかいため、へこみ、傷ができやすいというデメリットがあります。
さらにシルバーは酸化することで錆びてしまうので、定期的にクロスで磨かなければいけません。
見た目はシルバー風で、こうした手間のかからないものがほしい人には、シルバーコーティングされている銀仕上げタイプがおすすめです。

自分が、あるいは贈る相手がどのようなシチュエーションで使うのかによって懐中時計のタイプ、ブランドの選び方は変わってきます。
用途、お好みにあう懐中時計を見つけてください。



こだわり派のカスタムアンティーク時計



共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。